« 2010年6月 | トップページ

2010年7月

2010年7月21日 (水)

国際結婚、中国、さくらパパのトラブルⅢ

私と元妻は、結婚前メール交際をしていました。
その過程で、元妻から仕送りして欲しい旨のメールが来ました。
私は、「元妻が金目的に私と結婚したいのだ。」と、思って、IDIJOHOの古川氏に、
「この結婚は白紙に戻したい」と、申し入れました。
ところが、中国側業者から、
「C(元妻)は、貴方の事を本当に愛している。Cは貴方に振られて食べ物も喉を通らないくらいに落ち込んで、ベッドで塞ぎ込んでいる。」
「Cは絶対良い子だから、結婚を止めないで下さい。」
このようなメールが来ました。
古川氏も、その当時国際ユニオン内での友人である、タバタという上海出身の在日中国人女性にお願いして、Cに直接電話をしてもらいました。
そのタバタという女性は、
「Cはとてもしっかりした女性で、良いお嫁さんになる。」
そう言いました。
古川氏も、「Cと結婚すれば、必ず幸せな家庭が築ける。」
そう言いました。
私は、この人達の言葉に背中を押されて元妻との結婚を決意しました。
私が、元妻との結婚を決意したという事を知った元妻とその母親は、抱き合って喜んだと私に知らせて来ました。

そして、この結婚の結果は、たった一年での離婚でした。

私は、FFさんにも同じような事が起きていると思います。


この結婚を押し進めようとする人達は、けしてFFさんの幸せを願っているのではありません。
己の利益の為に、この結婚を押し進めようとしているのです。
それは、結婚相手の中国人やその家族、業者も全て同じです。
この結婚をFFさんが受け入れれば、FFさんが一番不幸になるのです。


もしFFさんがこの結婚を取り止めたなら、
「チャンスを逃した」
などと絶対思わない事です。
これは、
災難を逃れた。
幸運な事なのです。



| | コメント (39) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ