« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

国際結婚中国ブライダルサポートへの質問状2

前回の質問状を、ブライダルサポートヘ直接メールで質問しましたが、返事は有りません。
どうしたんでしょうね?
店長日記が誰かに強制的に消されたのか?
それとも、石川氏自身が消滅させたのか?
石川氏自身が消滅させたとすれば、何故なのか?
全く説明がありませんね。
これまで店長日記を読んでいた人達も心配していると思いますよ。

しっかし、

クライアントが料金を支払った後で、こんな事されたら、不安でたまりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

国際結婚 中国 ブライダルサポートへの質問状

国際結婚 中国 ブライダルサポートの店長日誌において、石川憲二氏の下記の文章が8月17日に書き込まれました。
しかし、何故か、翌々日に日誌自体が消滅してしまいました。
これは如何なる理由でしょうか?
石川憲二氏が信念を持って本音で書いた日誌が、何故、突然消滅してしまったのでしょうか?
ブライダルサポートのHPを見ても、何も理由が書いてありません。


http://www.bridal-support.com/

石川憲二氏に明確な説明を求めます。


>男性の住んで入る場所について

>私は、この仕事を何年かやっていますが男性の住ん

>で入る場所で国際結婚が無理と思う事ハッキリ言わ

>ないと駄目だと再認識しました。

>今後詳しくホームページでも書くつもりです。

>まず、田舎でも豪雪地帯は、何ヶ月も家から

>出かけるのが大変と聞き、若い女性が

>耐えられるのか、色々と検討して、出た結果は、

>無理と判断しました。

>それとそういう場所にカギって日本語の教室も無く、

>もちろん働く場所も殆んど無い事も確認出来ました。

>私も中国人に努力しなさい、耐えなさいと言います

>が、冬場の3ヶ月前後を自宅で耐えることが出来る

>か考えて、私は、お客様と話し合い、断ってもらう事

>にしました。

>女性が逃げると簡単に書いている人が、入ますが私

>は、今回の一件で感じた事は、無理な物は、無理と

>再確認しました。

>男性は理解ある人で、納得もしてくれています。

>私も検討しましたが、夢も希望も無い所に言っても

>耐えられるかと言うと無理だと思います。

>女性は日本に行きたいと言う希望が有りましたが、

>私は、男性に保障できないとハッキリ宣言しました。

>そんな決断も業者として、当たり前と言われれば、

>そうですが、中国人奥さんが主導を取っている業者

>は無理だとここで改めて、妻の意見を聞き納得しま

>した。

>でもこれからも失敗のない国際結婚を紹介する為

>努力する事をここに誓います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年9月 »