トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

中国語の先生

(さくらパパさんへの返信)

私は今、日中友好協会が主催する中国語教室に通っているんですが、そこで中国語を教えている先生にA氏がいます。

A氏は、

「子供の頃、戦場で亡くなった若者が、骨箱に石ころ一つで帰ってきた光景を忘れられない。」

「中国から帰った、日本人中国残留孤児の人たちの為に何かできないか?」

そう思って中国語を習い、中国語をマスターしてからは、ボランティアとして、中国帰国者の為に日本語を教え、又日中友好の為、日本人に中国語を教え、在日中国人妻達にも日本語を教えて来た人です。

彼がこの活動を始めてから20年以上になります。そしてその数は、中国語を教えた日本人、延べ800人、日本語を教えた中国人100人以上にもなります。

その彼が言うんです。

「中国人と結婚したら金には気をつけろよ。絶対、金には気をつけろよ。」

彼は私のように結婚を契機に親中派となった、にわか親中派とは訳が違うんです。

もう、30年も前からの親中派なんです。

貧乏で、十分な教育を受けられない中国人を自分の養子とし、中国に学費を送り続けて立派に成人させた人なんです。

その彼がこんな事を言う背景には、これまで日本語を教えて来た在日中国人妻達の夫婦が、金銭問題から離婚してしまう不幸なケースを何十組も見てきたからなんです。

「私はこれまで、早く日本の社会に馴染んでほしいと思い、100人以上の中国人妻に日本語を教えて来ました。しかし彼女たちは金銭目的に日本人と結婚した女性が殆どでした。夫と金銭トラブルを起こし、離婚してしまう夫婦がとても多い。何の為に日本語を教えているのか分からなくなる時がある。」

寂しそうにそう話します。

彼の言葉には、とても重みが有ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

離婚と父の死

それは、私の妻が来日して一年経った頃でした。

更新した結婚ビザを受け取る為に、私達は二人で入国管理局まで行きました。

妻は3年ビザが貰えると思っていたようですが、1年ビザしか貰えませんでした。

「何故3年ビザが貰えないのか?。」

妻は納得が行かず、私が何か裏工作をしたのだろうとなじりました。

勿論、私は裏工作などするはずがありません。

何故、妻が3年ビザに拘るのか、この時は理解できませんでした。

この時期、私の父が末期癌で入院しており、私が勤務で病院に行けない時は、妻が車で、私の母を病院に連れて行ってくれていました。

そんな中、突然妻が、「東京で生活する」と言い出したのです。

私は妻が何を言っているのか理解できず、

「何を言っているのだ。もうすぐ父が亡くなるというのに、東京に行くなど絶対に許さない。もし行くなら、離婚して行きなさい。」

そう言いました。

その後、妻の友人が間に入って話し合いましたが、妻は、

「東京に行かない代わりに金を送れ」

そう言いました。

私は妻と結婚して、それまで550万円ほど使っていましたので、これ以上金は送れません。

結局私達は離婚する事になりました。

離婚届用紙に名前を書いた翌日、妻は私が外出中、挨拶も無く姿を消しました。

この時、妻が何故3年ビザに拘ったのか、はっきり分かりました。

私は、離婚届用紙を市役所に届けた後、父の入院している病院に行きました。

それまで妻は、毎日のように母と病院に行っていましたから、父は姿の見えない妻の事を、

「今日、○美は来ないのか?」

弱々しい声で尋ねました。

私は、死期間近い父に離婚した事が言えず、

「○美は今日仕事に行っている。」

そう答えました。

「そうか。」

父は弱々しい声で言いました。

父は、私が40歳を過ぎても結婚せずにいる事をとても心配してましたので、妻と結婚した時は大そう喜び、車を買う金を半分出してくれたり、日本語教室に連れて行ったり、舅にしては善くしてくれたと思います

そんな父に恩義を感じる事も無く、妻は家を出て行きました。

妻には、私の父がもう直ぐ亡くなる事は教えていたのにです。

それから二日後、父は息を引きとりました。

私は悲しみと失意の中、父の葬儀を執り行いました。

私はその後、心労から胸の痛みが続き、通院する事となります。

どこの世界に、夫の父が亡くなる時に

「東京で生活する」

と言って、離婚して家を出て行く妻がいるでしょうか。

妻にとって日本の家族は、家族ではなく、

金をとる対象でしか無かったようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

IDIJOHO

私は、IDIJOHOという国際結婚斡旋業者を利用して中国人女性と国際結婚しましたが、妻の借金問題が原因で離婚しました。

http://boat.zero.ad.jp/idijoho/index.html"

インターネット上には、おびただしい数の業者のホームページが在りますが、どれも、中国人女性の情の深さや、勤勉性、倹約性をアピールしたものばかりです。

しかし、実際に結婚してみるとこれらの事は全て嘘、身上書に書かれていることも殆どが嘘、まさに金銭目的の金の亡者のような女性でした。

業者はまったく素性の分からない、出稼ぎ目的の女性を紹介しただけでした。

勿論、警戒心も無く、業者を信用した私にも落ち度はあります。しかし、落ち度が有るからといって沈黙していたのでは、被害が拡大するばかりです。事実、私が被害を受けたIDIJOHOは、私たち夫婦が妻の金銭トラブルで離婚した後も、

「IDIJOHOの優れた仲人力によって全ての夫婦が幸せな結婚生活を送って居る。」

と、出鱈目な営業活動をしていました。更に、私達夫婦の結婚時の写真をHPに掲載し、再三の削除要請にも応じませんでした。このような業者に、次の被害者を出させない為にも、業者の被害に遭われた方は、その事実を公表すべきだと思います。

そう思ってこのブログを立ち上げた次第です。

もっともIDIJOHOの古川氏に、当初悪意は無かったと思います。

中国の内部事情を全く知らない古川氏が、国際結婚を日本人同士の結婚と全く同一に考え、金銭目的の女性を私に紹介してしまった為に起きた不幸な事故だったと思います。

しかし、私達の離婚を知って、国際結婚の危険性を認識した後も、出鱈目な営業活動を続けていました。それは、たやすく大金が稼げる方法を知ってしまった彼が、そこから抜け出せなくなった為だと思います。

金銭欲に国境はありません。たやすく大金が稼げる方法を知った者が、金の亡者となるのは中国人女性も業者も同じです。

ALA中国の掲示板にも投稿してますので、そちらも見てください。

http://china.alaworld.com/modules.php?name=Forums&file=viewtopic&t=21105

| | コメント (92) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年4月 »