2010年7月21日 (水)

国際結婚、中国、さくらパパのトラブルⅢ

私と元妻は、結婚前メール交際をしていました。
その過程で、元妻から仕送りして欲しい旨のメールが来ました。
私は、「元妻が金目的に私と結婚したいのだ。」と、思って、IDIJOHOの古川氏に、
「この結婚は白紙に戻したい」と、申し入れました。
ところが、中国側業者から、
「C(元妻)は、貴方の事を本当に愛している。Cは貴方に振られて食べ物も喉を通らないくらいに落ち込んで、ベッドで塞ぎ込んでいる。」
「Cは絶対良い子だから、結婚を止めないで下さい。」
このようなメールが来ました。
古川氏も、その当時国際ユニオン内での友人である、タバタという上海出身の在日中国人女性にお願いして、Cに直接電話をしてもらいました。
そのタバタという女性は、
「Cはとてもしっかりした女性で、良いお嫁さんになる。」
そう言いました。
古川氏も、「Cと結婚すれば、必ず幸せな家庭が築ける。」
そう言いました。
私は、この人達の言葉に背中を押されて元妻との結婚を決意しました。
私が、元妻との結婚を決意したという事を知った元妻とその母親は、抱き合って喜んだと私に知らせて来ました。

そして、この結婚の結果は、たった一年での離婚でした。

私は、FFさんにも同じような事が起きていると思います。


この結婚を押し進めようとする人達は、けしてFFさんの幸せを願っているのではありません。
己の利益の為に、この結婚を押し進めようとしているのです。
それは、結婚相手の中国人やその家族、業者も全て同じです。
この結婚をFFさんが受け入れれば、FFさんが一番不幸になるのです。


もしFFさんがこの結婚を取り止めたなら、
「チャンスを逃した」
などと絶対思わない事です。
これは、
災難を逃れた。
幸運な事なのです。



| | コメント (39) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

国際結婚、中国、さくらパパのトラブルⅡ

さくらパパの疑惑

これから書く記事は、私の推測です。

FFさんとまさゆきさんが中国に見合いに行く時点で、奇跡の人さんとの紹介料のトラブルが起きていたわけですよね。
普通に考えれば、この時点でFFさんやまさゆきさんにも同じ問題が起きないかと、女性に何度も電話したりして確認すると思うのですが、さくらパパさんは、そういう確認をしたのでしょうか?
ブログでは好く分からないのですが、全然やっていないように感じます。
常識で考えて、奇跡の人さんと同じように、FFさんやまさゆきさんに紹介料のトラブルが発生して返金したのでは儲けが無くなってしまう筈です。
そういう事態を避けるために厳重に審査すると思うのです。

しかしさくらパパは、
FFさんが婚約した後も、あまり通訳をしたくないような感じですね。
これは、奇跡の人さんと同じ問題が起きる事を予想して、
「私は、8万元の紹介料の事は全然知らなかった。」
とする為に予防線を張ったのではないでしょうか。
奇跡の人さんに4万元を返金すると言ったのも、そう言って置けば、奇跡の人さんが紹介料のトラブルを公表しないと考えたからではないでしょうか?
FFさんやまさゆきさんから全ての金を受け取ってから
「金を返すのは止めた」
と言う心算だったのではないでしょうか。
ところが、奇跡の人さんから何度も強く返金を催促され、つい本音を言ってしまったのではないでしょうか。

以上が私の推測ですが、この推測が正しければFFさんやまさゆきさんにも、必ず同じ問題が起きると思います。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

国際結婚、中国、さくらパパのトラブル

このブログを読んでいる人は、すでにご存知だと思いますが、FFさんという人のブログで、奇跡の人さんとさくらパパがトラブルになっています。

知らない人の為に概略を説明しますと、
奇跡の人さんは、さくらパパに紹介を受け中国人女性と結婚しました。
中国人ブローカーに支払う紹介料は、4万元(日本円で約60万円)で、これ以外は一切女性からブローカーに渡っている金は無い。
そういう約束でした。
ところが、女性が来日後、他に4万元の紹介料をブローカーに支払った事が発覚しました。
奇跡の人さんは、「約束が違う」と、さくらパパに4万元の返却を求めました。
しかし、さくらパパは、「それは中国側の問題、私に責任は無い。」
そう言って、お金の返却を拒否しています。
これがトラブルのあらましです。
この事件に関して、FFさんのブログには、多くの人がコメントを書き込んでいます。
この業界では有名な、かりんさんも自身のブログに、この問題の感想を書いています。
かりんさんの感想としては、
「この事故は、さくらパパの経験不足によって起きた事であり、返金の問題は二人でよく話し合って解決すべきだ。」
という意見です。

ここで私の意見を書きます。
この事故は、さくらパパの能力不足によって起きた事故だと思います。
私は、私のブログの中で
「中国語も解らず、中国の内情も知らない者に、まともな女性を選ぶ能力は無いし、問題が起きても何も解決できない。問題解決能力が無い。」
そう書きました。
さくらパパにも直接、同じ事を言い、紹介を止めるように進言しました。
しかしさくらパパは、私の進言を聞き入れず、今回の事故を起こしたわけです。

能力の有る人であれば、苦い経験を糧に優秀な業者になることも可能だと思います。
しかし、さくらパパは中国語も話せず、中国の内情も知らないのです。

女性集めを、中国側ブローカーに頼らざるをえないのです。
その他の事も、中国側が殆どを仕切っているのです。
このようなやり方で事故が起きないほうが不思議なのです。

さくらパパは、中国側との契約を変える事で、今後、事故が起きないようにする。
と考えているようですが、そんな事は無理だと断言できます。
中国側に契約を守るという概念が希薄ですし、契約の抜け穴を次々に探してくるでしょう。
この、女性からの紹介料の問題は、日本側業者が直接、女性を募集する事でしか解決しないのです。
しかし、さくらパパにその能力が無いのですから、それは無理なのです。

いくら、小手先で契約を変えたとしても、
同じトラブルが何度も起きると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月13日 (土)

国際結婚 中国 ブライダルサポートへの質問状3

ブライダルサポートの石川氏より

「誤解のある表現で、私や離婚した男性に不快な思いをさせて申し訳ありませんでした」

との謝罪がありましたので、この問題はこれで収束したいと思います。

片偽装結婚の被害者の名誉が守られ嬉しく思います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

国際結婚中国ブライダルサポートへの質問状2

前回の質問状を、ブライダルサポートヘ直接メールで質問しましたが、返事は有りません。
どうしたんでしょうね?
店長日記が誰かに強制的に消されたのか?
それとも、石川氏自身が消滅させたのか?
石川氏自身が消滅させたとすれば、何故なのか?
全く説明がありませんね。
これまで店長日記を読んでいた人達も心配していると思いますよ。

しっかし、

クライアントが料金を支払った後で、こんな事されたら、不安でたまりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

国際結婚 中国 ブライダルサポートへの質問状

国際結婚 中国 ブライダルサポートの店長日誌において、石川憲二氏の下記の文章が8月17日に書き込まれました。
しかし、何故か、翌々日に日誌自体が消滅してしまいました。
これは如何なる理由でしょうか?
石川憲二氏が信念を持って本音で書いた日誌が、何故、突然消滅してしまったのでしょうか?
ブライダルサポートのHPを見ても、何も理由が書いてありません。


http://www.bridal-support.com/

石川憲二氏に明確な説明を求めます。


>男性の住んで入る場所について

>私は、この仕事を何年かやっていますが男性の住ん

>で入る場所で国際結婚が無理と思う事ハッキリ言わ

>ないと駄目だと再認識しました。

>今後詳しくホームページでも書くつもりです。

>まず、田舎でも豪雪地帯は、何ヶ月も家から

>出かけるのが大変と聞き、若い女性が

>耐えられるのか、色々と検討して、出た結果は、

>無理と判断しました。

>それとそういう場所にカギって日本語の教室も無く、

>もちろん働く場所も殆んど無い事も確認出来ました。

>私も中国人に努力しなさい、耐えなさいと言います

>が、冬場の3ヶ月前後を自宅で耐えることが出来る

>か考えて、私は、お客様と話し合い、断ってもらう事

>にしました。

>女性が逃げると簡単に書いている人が、入ますが私

>は、今回の一件で感じた事は、無理な物は、無理と

>再確認しました。

>男性は理解ある人で、納得もしてくれています。

>私も検討しましたが、夢も希望も無い所に言っても

>耐えられるかと言うと無理だと思います。

>女性は日本に行きたいと言う希望が有りましたが、

>私は、男性に保障できないとハッキリ宣言しました。

>そんな決断も業者として、当たり前と言われれば、

>そうですが、中国人奥さんが主導を取っている業者

>は無理だとここで改めて、妻の意見を聞き納得しま

>した。

>でもこれからも失敗のない国際結婚を紹介する為

>努力する事をここに誓います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

日中国際離婚統計

日中国際結婚の離婚率の統計を

調べられて、小菅先生の掲示板に

投稿された方がいます。

今回は、それを紹介したいと思います。

まず最初に、その投稿を転載します。

後日、私なりの感想を書きます。

http://6303.teacup.com/kosuge/bbs?OF=700&BD=14&CH=5

==========================

これは事実ですか? 投稿者:冬の華

投稿日:2006年12月 9日(土)01時34分52秒

  返信・引用 
 

           < 離婚/結婚の比率>

          99年  00年  01年  02年

日中の離婚/結婚  32.34%  30.54%    27.20%   43.89%
日日の離婚/結婚  32.80%  33.06%   35.81%  38.06%

もう少し正確なデータ分析をしなくてはいけませんが、

高離婚率化する日本社会の中では、日中結婚だけが、

とくに高い離婚率であるとはいえないのかもしれません。

厚生労働省の人口動態統計では、離婚率とは人口千人当たりの

離婚件数のことだそうです。

     <人口動態統計による日本の離婚率>

 99年   00年   01年   02年
2.00   2.10   2.27  2.30

ところで、総務省統計局の2000年の国勢調査結果から、

2000年と1995年の日本在住の夫婦の数が分かります。

          1995年      200年

日日結婚の夫婦 30791662組  3098192組

日中結婚の夫婦    30260組     4573組

夫日妻中の夫婦    22824組     3629組

夫中妻日の夫婦     7436組      943組

日本人同士の結婚と日中国際結婚の、離婚件数/夫婦数が

どうなるか計算してみました。

 <人口動態統計の離婚件数/国勢調査の夫婦数の比率>

             1995年    2000年

日日結婚の離婚/夫婦数   0.62%    0.81%

日中結婚の離婚/夫婦数   5.56%    7.19%

夫日妻中の離婚/夫婦数   6.51%    8.03%

夫中妻日の離婚/夫婦数   2.66%    3.90%

日本在住の日中国際結婚夫婦が離婚する確率は

日本在住の日本人同士の夫婦が離婚する確率よりも

9倍くらい高いという結果となりました。

そして、夫婦の国籍別では、夫日妻中の方が夫中妻日の

夫婦よりも2倍以上高い結果となりました。


           <標準化有配偶離婚率について>


「まず、離婚率の推移を見てください。これは厚生労働省のデ

ータ0.73。高度成長期の真っただ中です。

それからというもの、一時的に下がるときはあるものの、

基本は右肩上がりで平成14年に最高数値2.30を記録します。

約40年かけて3倍になったということなんですが、

3倍というのは置いておくとして、その数値2.30を見てハテ?

と思ったんですね。離婚する人が、一年で1000人のうち2.3

人?うーむ、いくらなんでもこれは少なすぎるんではないか。

この一年で離婚したのではないけれど、私の知り合いにだって

離婚している人は10人くらいはいる。ちょっと違うんじゃない

かな、そんなことを思いながら、もう少し探してみると「標準

化有配偶離婚率」という数字が見つかりました。

          標準化有配偶離婚率

  昭和40年 平成7年

男 子 2.54 11.56

女 子 2.55 11.75

出典:離婚に関する統計について

(人口動態統計特殊報告)/平成12年厚生労働省

「標準化有配偶離婚率は、先の離婚率が現在人口を分母にして

いるのに対し、「有配偶」の男女別人口を分母に用いる方で、

より実感に近い比率になっているとのこと。

この標準化有配偶離婚率については、データがフルにないので

抜粋になりますが、平成7年の数値は男性11.56と女性11.75。

昭和40年が2.55と2.54ですから、約35年で4.6倍に増えた計

算です。

このデータですと、一年間に、結婚している人1000人のうち

12人くらいが離婚するということになりますから、

確かにこれくらいが実感かもしれません。」

標準化有配偶離婚率のことを厚生省に問い合わせたら下部団体

で作成していました。国勢調査を元にしているとの事で分子は

離婚届を出した件数です。

ここは、普通離婚率も同じで違うのは分母です。

有配偶者は事実婚(同棲)や再婚、死亡を勘案した

結婚者の男性と女性の夫々の数です。

但し離婚や死亡が年齢階層別に見て多い層を任意に按分して

差し引きし時系列にあてはめて計算しているようです

国際結婚の標準化有配偶離婚率データーはないとのことです。

計算できない事はないでしょうが離婚して母国に帰るのか

残留するかはわからにので難しいでしょうと答えていました。

担当者は離婚の率は実態と別になかなか計算しにくいので

困っていますと言ってました。

なんですが、離婚率がもっとも低かったのが昭和38年で

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2008年4月28日 (月)

その後のIDIJOHO

私たちが離婚した後も、相変わらずIDIJOHOは、

「私の優れた仲人力で、全ての夫婦が幸せに暮らしている。」

そう、詐欺的な宣伝活動を続けていました。

更にホームページに、私たちの結婚した時の写真を掲載し、私が再三、削除要請しても無視し続けました。

私はやむなく、ALA中国の掲示板にこの事実を公表しました。それから、やっと古川氏は、私たちの写真を削除しました。

http://china.alaworld.com/modules.php?name=Forums&file=viewtopic&t=21105

その後、古川氏は、

「中国に定住して日本語学校を経営し、そこで日本人と結婚を希望する女性を集める」

そう言って、中国に渡りました。

しかし、中国語も喋れない日本人の老人が、中国で、そんな事が出来る筈がありません。

2か月足らずで日本に帰って来てしまいました。

その後、ネットを使っての宣伝活動はしていないようです。

古川氏も、このブログを見て居ると思います。

何故、私たちが離婚した後も、詐欺的宣伝を続けたのか?

中国に渡って、どんな事が遭ったのか?

本人から、明らかにしてほしいと思います。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

国際結婚斡旋業のカラクリ

国際結婚斡旋業をよく知らない人は、

「紹介所は女性を紹介するだけで、女性の身元を確認するのは、お客がするべき事」

と言う人が居ます。

結論から言えば、これは出来ません。

今回は、何故、女性の身元確認が出来ないか?国際結婚斡旋業のカラクリを書きます。

まず、中国語も分からない業者が中国人女性を集める事は出来ませんから、中国側ブローカーと提携して、ブローカーから女性を紹介して貰います。

しかし、この日本側業者と中国側ブローカーは、利害関係で結びついて居るだけで、お互いに信頼していません。

ですから、中国側ブローカーは、女性の住所も電話番号も日本側業者に教えません。

日本側業者に教えた場合、自分達を外して交渉され、自分達に仲人料が入らなくなる事を警戒して居るのです。

それでは、どの段階で日本側が、女性の住所と電話番号を知る事が出来るのか?

それは、日本人男性客が日本側業者に150万円~200万円の料金を支払い、その中から、中国側ブローカーに15万円~20万円の仲人料が支払われた後になります。

男性客が、女性の住所と電話番号が分かった後で、女性の身元を調べ、「身上書と違う」と抗議しても、男性の支払ったお金は戻らない仕組みなのです。

日本側業者が中国側ブローカーと提携して居ながら、

「女性の身元確認はしっかりやっている。」

と、ホームページやブログでアピールしている業者が多数有りますが、業者の嘘に騙されないで下さい。

女性の住所も電話番号も知らない日本側業者が、女性の身元確認など絶対出来ません。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

IDIJOHOの対応

妻との離婚問題が持ち上がった時、業者のIDIJOHOはどう対応したのか?

今回は、この事を書きます。

私はまず、IDIJOHOの古川氏に、

「妻の借金問題で離婚する事になった」と古川氏に報告しました。

古川氏は驚いたようでしたが、妻に

「○○さん、そんな事しちゃダメだよぅ」

妻に、一言こう言っただけでした。

次に、私に、妻とJ子との関係を続けさせた事を批判しました。

妻は、子供では有りません。

金銭目的に、身上書を誤魔化して日本人と結婚した女性に、手引き者との関係を断つように説得した処で、それを聞き入れる訳がありません。

また、古川氏は「日本の金銭の使い方も、私が教えなかったのが悪い。」

そう言いました。

これもやはり、金銭目的の女性に教えても無駄な事です。

そんな事で、考えが改まるはずが有りません。

私たちが離婚してから古川氏は、

妻の身元を、「中国のブローカーを使って調べさせようと思う。それには金が掛る、その金を全部負担してくれ。」

そう言いました。

私は、この結婚で550万円使っています。

業者のずさんな紹介で、このような事態になったのに、業者は1円の損失も出したくないのでしょう。

また、離婚した後で、妻の身元を調べてどうなるのでしょうか?

こんな事は、結婚する前に業者の責任で、きちっと調べて置くべきことだと思います。(この、女性の身元確認は、絶対に出来ません。これは、後日ブログに書きます。)

私は、古川氏の提案を断りました。

その後古川氏は、相変わらず平然と、「私の優れた仲人力で、全ての夫婦が幸せに暮らしている。破綻した場合、補償する」

と、詐欺的な宣伝活動を継続していました。

私に、1円の返金もする事無くです。

私は、IDIJOHOのこの体質は、殆どの業者が共通に有していると思っています。

中国語も話せない、中国の内部事情も知らない業者に、女性を見抜く能力はありませんし、問題が起きても対処する能力も有りません。

IDIJOHOを見れば、明らかだと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

«妻を手引きした者2